« 2月14日ニュース | トップページ | 神の子にふさわしい更新を »

2016/02/18

再臨を待望しつつ敬虔な生活を

キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。 テトス2:14
 福音は人を赦し救うだけで終わらない。信じる者を「ご自分のためにきよめ」て、「良いわざに熱心なご自分の民」に変わるようにと願ってのことだ。 クリスチャンは、「救い主である神の教えを飾るように」(10節)、「不敬虔とこの世の欲とを捨て、この時代にあって、慎み深く、正しく、敬虔に生活し・・・キリスト・イエスの栄光ある現れを待ち望む」(12、13節)生活振りが期待されている。 再臨を待望し敬虔な生活を目指そう。

|

« 2月14日ニュース | トップページ | 神の子にふさわしい更新を »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63229200

この記事へのトラックバック一覧です: 再臨を待望しつつ敬虔な生活を:

« 2月14日ニュース | トップページ | 神の子にふさわしい更新を »