« 問題の改善策は心底から悔い改めと許しを願うこと  | トップページ | 愛する者の悔い改めを願って »

2016/04/21

主を常に覚えて歩もう

刺し殺された者があなたがたのうちに横たわるとき、あなたがたは、わたしが主であることを知ろう。エゼキエル6:7
 偶像の神々に心を寄せ、真の神に背き続けた人々に、「わたしは、イスラエルの民の死体を彼らの偶像の前に置き、あなたがたの骨をあなたがたの祭壇の回りにまき散らす。あなたがたがどこに住もうとも、町々は廃墟となり、高き所は荒らされる」(5、6節)と、神は災いを告げられた。
 神の激しい怒りの業は、ひとえに民が真の神を思い起こして立ち帰えることを願ってのことだ。祈りの時を忘れ、聖書から聞こうともしない時、神は私に問題を与えて信仰の目を覚まさせる。
 主を覚えて日を過ごそう。

|

« 問題の改善策は心底から悔い改めと許しを願うこと  | トップページ | 愛する者の悔い改めを願って »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63517340

この記事へのトラックバック一覧です: 主を常に覚えて歩もう:

« 問題の改善策は心底から悔い改めと許しを願うこと  | トップページ | 愛する者の悔い改めを願って »