« 愚かな頑なさに止まらず | トップページ | 神の不思議な扱いを信じて従う »

2016/04/05

悔い改めや修正の必要がないか

もはや時が延ばされることはない。 黙示録10:6
 神は人々に何とか悔い改める機会を与えようと、最後の時の到来を延期して来られた。だが、もはやさばきの時は伸ばされない。年月や時間は無意味に流れているのではない。すべてに何らかの芽を出し成長することが期待され、時が来れば実を成らして役立つことを要求される。成長せず停滞し、問題を起こすなら抜き取られ排除される。 私たちのクリスチャンとしての在り方や信仰者としての言動に、悔い改めや修正の必要がないだろうか。主キリストの再臨の間近な今、すべての人と平和と一致を保ち、福音宣教に励みたいものだ。

|

« 愚かな頑なさに止まらず | トップページ | 神の不思議な扱いを信じて従う »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63451699

この記事へのトラックバック一覧です: 悔い改めや修正の必要がないか:

« 愚かな頑なさに止まらず | トップページ | 神の不思議な扱いを信じて従う »