« 神は罰してもなお憐れみの中に | トップページ | 教会という船で »

2016/05/11

隣人の不幸には、同情と反省を 

彼らはツロの城壁を破壊し、そのやぐらをくつがえす。わたしはそのちりを払い去って、そこを裸岩にする。エゼキエル26:4
 地中海貿易で富を築いた難攻不落の都市ツロは、隣国ユダの滅亡を喜び嘲った。神はそのツロに滅亡を告げる。 競争相手の不幸や破滅を喜ぶ者は、神の怒りを招く。隣人への無情と利己心は神に対する罪だからだ。「わたしはおまえに立ち向かう。海の波が打ち寄せるように、多くの国々をおまえに向けて攻め上らせる」(3節)。神は、バビロン王ネブカデネザル、後にアレキサンダーを遣わし、栄華に酔った高慢と不遜の都市を裸岩とされた。 隣人の不幸には、同情と反省の心を忘れてはならない。

|

« 神は罰してもなお憐れみの中に | トップページ | 教会という船で »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63612334

この記事へのトラックバック一覧です: 隣人の不幸には、同情と反省を :

« 神は罰してもなお憐れみの中に | トップページ | 教会という船で »