« あわれみと赦しとは私たちの神のもの | トップページ | 今日、私に託されている事柄を果たす »

2016/06/13

万事に希望をもって

しかし、ついに彼の終わりが来て、彼を助ける者はひとりもない。ダニエル11:45
 ここに預言された王は、明らかにシリヤのセリウコス王朝の王アンテオコス・エピファネスで、彼は二度もエジプトに攻め入り、ユダヤの民の信仰を迫害した暴君でもある。 しかし猛威を振るった王の登場もまた狂死の最後もここに預言されている。 神はすべてを承知の上で、神の予定の枠の中で振舞うことを許可しておられる。私たち神の民は、遭遇するすべては万事神の承認の上で許されて起っていることを覚えていよう。 神がわたしに下さったこの事態にも、私たちは信仰と希望をもって取り組んで行こう。

|

« あわれみと赦しとは私たちの神のもの | トップページ | 今日、私に託されている事柄を果たす »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63776036

この記事へのトラックバック一覧です: 万事に希望をもって:

« あわれみと赦しとは私たちの神のもの | トップページ | 今日、私に託されている事柄を果たす »