« 神の深い愛を覚えよう | トップページ | 神に覚えられて »

2016/06/17

私は何と利己的で愛のない者か

主は私に仰せられた。『再び行って、夫に愛されていながら姦通している女を愛せよ。ちょうど、ほかの神々に向かい、干しぶどうの菓子を愛しているイスラエルの人々を主が愛しておられるように。』 ホセア3:1
 ホセアに愛されながら、他の男たちを慕って家を捨てた妻ゴメルを、今回も行って連れ戻し、彼女の罪を赦してなお愛せ、と神は彼に命じる。神を裏切って偶像の神々を慕い、その供えの菓子をいそいそと作っているような民を、神は怒って捨てず、悲しみを抑えてなおも愛し続けておられることを、ホセヤにも身をもって経験させるためであった。  いや、この経験はホセアに止まらず、私たちにも必要だ。不当な扱いを受けるとすぐに怒り出し、相手をやっつけなければ気が済まず、それで自分は正義を振る舞っていると思う私たちは、何と利己的で愛のない者かを、わきまえ知ろう。

|

« 神の深い愛を覚えよう | トップページ | 神に覚えられて »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63808934

この記事へのトラックバック一覧です: 私は何と利己的で愛のない者か:

« 神の深い愛を覚えよう | トップページ | 神に覚えられて »