« 神は正義を注いでくださる | トップページ | 恐るべきは神を忘れる忘恩 »

2016/06/25

罪を重ねる私たちをなおも愛して罰することが出来ず

わたしは燃える怒りで罰しない。わたしは再びエフライムを滅ぼさない。わたしは神であって、人ではなく、あなたがたのうちにいる聖なる者であるからだ。わたしは怒りをもっては来ない。 ホセア11:9
 神の繰り返しの警告にもかかわらず、「彼らを呼べば呼ぶほど、彼らはいよいよ遠ざかり、バアルたちにいけにえをささげ、刻んだ像に香をたいた」(2節)とあるように、民は背信行為を繰り返して神のふところに戻ろうとはしない。  だから神は民を罰せざるを得ないが、「エフライムよ。わたしはどうしてあなたを引き渡すことができようか。イスラエルよ。どうしてあなたを見捨てることができようか」(8節)と彼らへの愛の故に、滅ぼす手を下しかねておられる。  罪を重ねる私たちをなお愛される神は、私たちにではなく、御子の上にその刑罰を注いでお救いくださる。有り難いことだ。

|

« 神は正義を注いでくださる | トップページ | 恐るべきは神を忘れる忘恩 »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63847740

この記事へのトラックバック一覧です: 罪を重ねる私たちをなおも愛して罰することが出来ず:

« 神は正義を注いでくださる | トップページ | 恐るべきは神を忘れる忘恩 »