« 先ずは神を仰いで始めよう。 | トップページ | 先ずは、神の意向を仰いで »

2016/07/30

他人の苦難から学べ

これが、安らかに過ごし、心の中で、「私だけは特別だ」と言ったあのおごった町なのか。ああ、その町は荒れ果てて、獣の伏す所となる。そこを通り過ぎる者はみな、あざけって、手を振ろう。 ゼパニヤ2:15
 神の審判は信仰の国ユダだけに及ぶのではない。ユダがその罪のために神の審判を受けて滅びるのを周辺諸国は、自分たちの罪を自覚もせず、ユダの苦難を嘲笑した。神は「自分たちは別だ」と思っている国々の高ぶりを罰する。「これは、彼らの高慢のためだ。彼らが万軍の主の民をそしり、これに向かって高ぶったからだ」(10節)。 自分を特別だとせず、他人の悲劇から反省し、「主を尋ね求めよ。義を求めよ。柔和を求めよ。そうすれば、主の怒りの日にかくまわれるかもしれない」(3節)との警告に耳を傾け従うことだ。

|

« 先ずは神を仰いで始めよう。 | トップページ | 先ずは、神の意向を仰いで »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63985684

この記事へのトラックバック一覧です: 他人の苦難から学べ:

« 先ずは神を仰いで始めよう。 | トップページ | 先ずは、神の意向を仰いで »