« 隣人の悲劇を他人事とするな | トップページ | 「新約の升目」で生きる »

2016/07/20

主から降りる露、青草に降り注ぐ夕立のように

そのとき、ヤコブの残りの者は、多くの国々の民のただ中で、主から降りる露、青草に降り注ぐ夕立のようだ。彼らは人に望みをおかず、人の子らに期待をかけない。 ミカ5:7
 ユダはその罪の故に滅びるが、それで終わらない。やがて回復の時、メシヤの到来によって「ヤコブの残りの者は、多くの国々の民のただ中で」で、神に愛される民として回復される。私たちクリスチャンは、その「残りの者」として救いの祝福に与かり、多くの国々の民の中に二つの新しい生き方を示す。一つは「主から降りる露、青草に降り注ぐ夕立のよう」に、隣人に恵みを注ぐ存在として仕える。二つは神により頼んで、「人に望みをおかず、人の子らに期待をかけない」。 だから、主なる神は、「わたしは、あなたのただ中から、あなたの馬を断ち滅ぼし、あなたの戦車を打ちこわし、あなたの国の町々を断ち滅ぼし、要塞をみなくつがえす。」(10、11節)と言われ、世の人が力とし保証とするものを取り去ってしまわれる。 「神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。」(ロマ8:31)との言葉を、私たちも心に唱えて行こう。

|

« 隣人の悲劇を他人事とするな | トップページ | 「新約の升目」で生きる »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63945225

この記事へのトラックバック一覧です: 主から降りる露、青草に降り注ぐ夕立のように:

« 隣人の悲劇を他人事とするな | トップページ | 「新約の升目」で生きる »