« 神にクレームをつけるほどに | トップページ | 救済の時に喜んで神の前に立てるように »

2016/07/27

先ずは主の前に静まって祈る

しかし主は、その聖なる宮におられる。全地よ。その御前に静まれ。 ハバクク2:20
 目には見えないが、万物の創造主にして全地の統治者の神は、確かに聖なる宮におられ、訴える者の祈りを聞いてお応えくださる生ける神だ。だが偶像はどれほど巨大で金銀で覆われていたとしても無力だ。「わざわいだ。木に向かって目をさませと言い、黙っている石に向かって起きろと言う者よ。それは像だ。それは金や銀をかぶせたもの。その中には何の息もない。」(19節)。偶像の信奉者は、己の欲望の満たしを偶像に求めるだけで、悔い改めの必要も正義もない。  だが、私たちの生ける真の神は正義を求め、罪の悔い改めを要求し拒む者に裁きを下す。ハバククは暴虐を重ねるバビロンに、「あなたが多くの国々を略奪したので、ほかのすべての国々の民が、あなたを略奪する。あなたが人の血を流し、国や町や、そのすべての住民に暴力をふるったため」(8節)と宣告し、それが70年後ほどに成就する。  切迫した問題が周囲にあろうと、先ずは主の前に静まって祈る時を持とう。

|

« 神にクレームをつけるほどに | トップページ | 救済の時に喜んで神の前に立てるように »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63972710

この記事へのトラックバック一覧です: 先ずは主の前に静まって祈る:

« 神にクレームをつけるほどに | トップページ | 救済の時に喜んで神の前に立てるように »