« 神は私たちの訴えを決して退けない | トップページ | 隣人の問題を他人事とせず »

2016/07/23

主は怒るのにおそく力強い神

主は怒るのにおそく、力強い。主は決して罰せずにおくことはしない方。主の道はつむじ風とあらしの中にある。雲はその足でかき立てられる砂ほこり。 ナホム1:3
  凶暴なアッスリヤ軍の猛威は、BC722年に北王国を滅ぼし、BC664年にはエジプト深部の首都ノアモン(テーベ)をも攻め落としている。  だが、弱小の民ユダは震えおののくことはない。彼らの主なる神の沈黙は無力であるかのように見えよう。それは、主が怒りを控えているに過ぎず、時が来れば天地を揺るがして登場し、悪を罰せずにはおかない。  「主はいつくしみ深く、苦難の日のとりでである。主に身を避ける者たちを主は知っておられる」(7節)との、預言者ナホムの主に信頼し、すべてを委ねて従い行こう。

|

« 神は私たちの訴えを決して退けない | トップページ | 隣人の問題を他人事とせず »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63953430

この記事へのトラックバック一覧です: 主は怒るのにおそく力強い神:

« 神は私たちの訴えを決して退けない | トップページ | 隣人の問題を他人事とせず »