« 主のもとに帰るなら | トップページ | 愛されている者としての責任の自覚を »

2016/07/01

アバ父の神

その日、山々には甘いぶどう酒がしたたり、丘々には乳が流れ、ユダのすべての谷川には水が流れ、主の宮から泉がわきいで、シティムの渓流を潤す。ヨエル3:18
 罪を重ねた民が、神の裁きを受けて滅ぶのは当然だ。神は、イスラエルの民を周辺諸国の侵略と略奪の的とするという刑罰を下された。 だが、神はなおもその背いた民を愛して、「彼らはわたしの民をくじ引きにし、子どもを遊女のために与え、酒のために少女を売って飲んだ。」(3節)とお怒りになり、彼らを苦しめた諸国を罰して、民に祝福をお与えになる。神は、息子の罪に怒って罰しながらも、息子を苦しめる者に怒りを覚える父親のように、神は民に関られる。 私たちの神は、罪深い私たちをなおも見捨てずに、アバ父の神として祝福の中においてくださる。この方の下に帰ろう。

|

« 主のもとに帰るなら | トップページ | 愛されている者としての責任の自覚を »

今朝の聖句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543924/63852413

この記事へのトラックバック一覧です: アバ父の神:

« 主のもとに帰るなら | トップページ | 愛されている者としての責任の自覚を »